Crossbeat, June 1995

From The Elvis Costello Wiki
Jump to: navigation, search
- Bibliography -
1975767778798081
8283848586878889
9091929394959697
9899000102030405
0607080910111213
14151617 18 19 20 21


Crossbeat

Magazines
-

Elvis Costello interview


...

Scanning errors uncorrected... レコーディングま、臭かった。 湿引まかった。そして、良かった。 何より、しりの間にか出来ていた

エルヴィス・コステ口が90年4月に録音していたという、言わば(幻)の 力ヴァー作「コジャック・ヴァラエテ心(それにしても何たるタイF.)レ.,) がやっと日の目を見ることになった。アメリカン・ポッブス等も含んだ 堂々15曲に及ぶ、プライベート・コレクションのリリースである。 本人日くr^々が忘れてたり知らない曲、或いは僕がたまたま知った曲Jo ディランからナット・キング・コールまで、大てんこ盛りの謎を解く

インタビュー⑥山本昭彦通訳⑥フリーダ・ベッ力一

担当ディレクターは「過去で一番わかりやすい レコードJと喜んでいたカ三そうだろうカ七ひね りのきいた選曲とアレン汽さすカ叱ニコステ口、 ひとすじなわではいかなし七質問を口ンドン在住 の通訳の人に渡して行なったインタビューは、予 想以上に興味深い内容となっんアメリカン・ミ ュージックに対する造詣の深さ、音楽全般に対す る無防備な愛情、少年期のポップ・マニアぶり 。丁寧な曲解説の中にポップス人問の過去か ら現在まてカぐ(っきりと浮カAび上カぐってくる。

@昨年秋に来日した後は何をしていたのですか。

「今度のアノwぐムは5年前に録音したものだカ・ら、 改めて作る必要はなかった。次作に備えて、たく さんの曲を書いていたん芯プロドスキー・クァ ルテットとのスペイン・ツアーも行なった0『ジュ リエット・レターんは今でも世界中で売られて いるからね。いろんな人に曲を書いている。次作 は夏に出す予定なん肥ロンドンに村処地のある ロイヤル・カレッジ・ォブ・ミュージックのため のベネフィット・コンサートにも出たよ。ポール・ マソカートニーカ切乎び掛けたやつで、ブロドスキ

一・クアルテットも出たDポールの書いたピアノ 曲、彼の『リヴァブ=ノレ・ォラトリオ』の曲、『ジ ュリエット・レターんから2曲。ポールと僕は 期寅もした。彼の有名な4曲も歌った。いい夜だ った。翌日にはパリに渡って、ボプ・ディランと ラィ男U嵐それから『コジャック・ヴァラエテ イ』ツアーのリハーサルさ。ロンドンでもディラ ンと三晩)靖寅して、二日前にはダブリンでもや った。イベント続きだったね。

⑨ディランと共演するニとになった経緯は。

q司じエージェントを使ってるんな僕にはレコ ーディングしていない曲があったから、それを演 奏するチャンスもほしかったしね。飛び人りのゲ ストなら、好きなことカできる。コンサートをや ることになった時は思わず言葉力油たし、その場 になったらもっと驚いた。毎晩アコースティッ ク・ギターを手に7曲歌った。全部で12曲やった だけノ肋三5曲は有名なやつで、7曲はだれも知 らない曲さ」

⑨「コジャック・ヴァラエティ」でディランの曲を カヴァーLたことを、彼に伝えましたか。 「レコードはもう前に見せていたんだ何か言っ

ていたカ三4者にいる廿引周力沙なかったから。彼 はコンサートカ幣わったらすぐに帰る。でも、Hア イ・シャノレ・ビー・リリースト,’や-雨の日の女“ で共演した。彼と歌うのはすごく楽い1。すごい よ。グレイトなコンサートだったQS晩据寅し たけど、毎晩曲!1カ唆わる。だから面白い。僕 は刷境な部分に対して安全な距離を置いているア ーティストは好きではない」

@90年に録音した「コジャック・ヴァラエティ」 をなぜこの時期に出すんですか。

「ひらめいたんに30年問、愛し続けてきた曲を 自州売にやってみた。言吐意の中にある歌を録音す ること自体に却床があったOJじ‘からやりたかった。 よ(知られている曲は選Ifなかった。人々が忘れ ていたり、知らなかった曲、あるいは僕カtたまた ま知った曲を選ん芯気に人っている。ささやか なプライベート・コレクションだね」

@ラリー・ネクテルやジム・ケルトナーら、アメ リ力の口ソクを支えてきた腕達者を迎えてのレコ ーディングの雰囲気はどうでLたか。

「臭かったよ(笑)。ェアコンが数時U甘、壊れて、 すご(湿っ1まかった。ノひwぐドスは熱帯の島だカ三

よかった。朝は海に行って、、後からスタジオに 入る。その繰り返しさ。いつのまにカ1レコード カできていた。簡単だった。多くの曲のミックス をセッションカ鵬わるまでに,しwぐドス酬F Hf たんな昔はレコード作りでミスをすると、生 つきまとわれた。実は僕力歌ったボブ・ディラン の曲にもーか脈mF主いがあったカ三それはスポ ンティニアス(即興内)な出来事だった。僕はそ のミスカ蝋に人ったし、大切だと思った。その部 分を1白していたら、ある種のフィーリングを失っ ていただろうJ

@曲の質問に移りましょう。なぜ、スクリーミン・ J・ホーキンスの曲でも日面にある地味な‘スト レンジnを選んだのですか。

「翫1肋「好きなんfroおかしいし.エモーション のあふれる曲で聴き手を疲れさせるよりいいだろ う。エモーションたっぷりの曲は後にとっておい た。レコードの第一曲月は、ちょっとクレィジー な響きのする曲がいいだろ。あまり深刻に考えて ほし(なかったんた二

⑥ウィリー・ディクソンカり、ウリン・ウルフのた めに書いた.Iヒドウン・チャームス,’を2曲目に



Remaining text and scanner-error corrections to come...



-

Crossbeat, June 1995


Includes an interview with Elvis Costello.

Images

1995-06-00 Crossbeat page 94.jpg1995-06-00 Crossbeat page 95.jpg

Page scans.
1995-06-00 Crossbeat page 96.jpg


1995-06-00 Crossbeat photo 01 np.jpg
Photo by Nigel Parry.


1995-06-00 Crossbeat photo 02 tk.jpg
Photo by Tim Kent.


1995-06-00 Crossbeat cover.jpg 1995-06-00 Crossbeat contents page.jpg
Cover and contents page.

-



Back to top

External links