Music Life, January 1979

From The Elvis Costello Wiki
Jump to: navigation, search
- Bibliography -
1975767778798081
8283848586878889
9091929394959697
9899000102030405
0607080910111213
14151617 18 19 20 21


Music Life

Magazines
-

Costello's aim was true

若者よ オレにつづけノ

translate
   Hisayuki Azuma

Scanning errors uncorrected...

エルビス.コステロは日の丸を焼き焦がし、そして


話題のミュージシャンたちの相次ぐ審昌授勢の 中、次期口ック・シーンを担』であ骨う. びとリ切 男がやって来たc そのエキサイティ エルビス円スデロ1 -は、彼のスピN

トを原動力として衰えることを キミはもう、コステロの21世 感じとったであろうか。 なty L月Jセージぜ

撮影●長谷部宏/本誌


Scanning errors uncorrected...


於・大阪御堂会館―97印羊Ii月23日

78年最後を飾るこの迫力!?

文/東 ひさゆき

まるでバディ・ホリーを思わせるような風貌レコー ド・ジャケットとほとんど同じような格好でエルヴィス ・コステ口とバック・バンド、アトラクションズの登場 である。

走りぬけるように登場レ、退場。そして、コンサート の方もそれに似合ったスビーディーなものであった。1 曲がだいたい3分前後で、約1時間のステージ。ほとん どがアソプ・テンポの曲で構成されており、実に小気味 良い。コステ口を含めた4人全員が、何かにつかれたよ うに音楽にのり、暴走列車のような迫力と勢いをもって 迫ってくる。ただ、難を言うなら1よ演奏が単調で、め りはりというものがまったくなカ、ったことだ。

実は、この日のステージでハプニングが起こった。2 曲目が終わったところでPA等の調子が悪いことにメン バーが腹立て、楽器をほうり投げて退場してしまったの である。正直言って、プ口であるならばあのような態度 は許せない。最悪である。再開後、ファンは総立ちでの りだしたが、何故か白けた感じだった。所詮、コステ口 たちはまだまだニ流、そんな感じがしてしまった。

Scanning errors uncorrected...

-

Music Life, January 1979


Hisayuki Azuma reviews Elvis Costello & The Attractions, Thursday, November 23, 1978, Mido Hall, Osaka, Japan.

Images

pagepage
Page scans.

Photos by Koh Hasebe.
Photo by Koh Hasebe


Photo by Koh Hasebe


Photo by Koh Hasebe
Photos by Koh Hasebe.


cover
Cover.

-



Back to top

External links