Record Collectors Magazine, December 1996

From The Elvis Costello Wiki
Jump to: navigation, search
- Bibliography -
1975767778798081
8283848586878889
9091929394959697
9899000102030405
0607080910111213
14151617 18 19 20 21


Record Collectors' Magazine

Japan publications

-

Costello & Nieve


   ...

translate

Scanning errors uncorrected...

珠玉のデュオ、コステ口&ナイーヴ のライヴCDが米国で発売 大鷹俊一

アトラクションズとの再会の時 代を終え充電期突入が噂されるエ ルヴィス・コステロだが、彼らし いお楽しみを残してくれた。

ムァ回の来日でもひときわ深い感 動を残してくれた、アトラクショ ンズのピアニスト、スティーヴ・ ナイーヴとのデュオュセットがC D化されるのだ。もともとこのセ ット、今年の5月13日のLAを皮 切りに26日ニューョーク州のイー スト・ハンプトンまで約10カ所、 16回のショーを行なったもの。と いってもクラブ中心(ー・)、シーク レット・ギグも多く、現地でも聞 けた人はほんの一握りだった。

地元のラジオ局と連動した企画 だったようで各地で音が録られ、 一部がcD化され最初プロモーシ ョン用としてアメリカで配布され た。で、現物がようやく手元に揃 ったのでこれを書いているわけだ が、リストを見てわかるように都 市別に分けられた5枚で、なんと このままの形でn月末にアメリカ でリリースされるという。しかも 北米のみの限定発売となり、国内 盤ではばっちり詳細な解説でも、 と張り切っていたのだがガクッ。

で、内容だが、これが言わずも がなの素晴らしさ。あのライヴの 流れの中でも完全に遮断された世 界を作りバンド表現とは違う感情 をそびえ立たせたが、それがみご とに抽出され結晶化している。し かも約2時問聞くと(5枚全部ま とめて聞くとそれくらいになる)、 どこかでアトラクションズ固有の ビートがうねりとして伝わってく るところがミソ。

手元にあるものには特別なジャ ケツトはなく、紙パックにデータ が書かれたものが張られているだ けだが、正式に出るジャケットが どうなるかは不明。さらに表記さ れた曲目以外に、各cDに1曲(L A分は2曲)の隠しトラックがあ るのだが、それが収録されるかど うかもわからない。

アンコールでピート・トーマス までゲスト参加したものが入って たり、「ウォチング・ザ二Tィテク ティヴ」など聞き逃せないナンバ ーも入ってるので、ぜひこのまま で出してほしいところ。曲目にも 驚かされるが、単なる日替わりメ ニューじゃなく、その日の感情の 流れを反映する形でピックアップ されているのがわかる。シカゴと ボストンでの2ヴァージョンが収 録された「ロング・ハニムーン」 の、わずかだが静と動の好対照は 最大の聞きどころ。ピアノとギタ ーと歌、最小単位による最大の感 情表現という飽くなきチャレンジ 精神が堪能できる好企画だ。

-

Record Collectors' Magazine, December 1996


Includes a review of Costello & Nieve.

Images

1996-12-00 Record Collectors Magazine page 137.jpg
Page scan.

-



Back to top

External links