The Dig, August 1996

From The Elvis Costello Wiki
Jump to: navigation, search
- Bibliography -
1975767778798081
8283848586878889
9091929394959697
9899000102030405
0607080910111213
14151617 18 19 20 21


The Dig

Magazines
-

All This Useless Beauty

Elvis Costello & The Attractions

Hobun Amatatsu

Scan errors uncorrected...

オール.デイス・ユースレス・ビューテイー

エ」レヴイス・コステ口 &ジ・アトラクションズ

既に、雑誌や口コミを通じて、評判に なっているアルバムである。実際、凄く いい。この人の場合、英国人ならではの 捻りのきいたユーモアとか、毒気を含ん だウィントとか、その種の表現がついて

まわり、結果として鬼才、異才といった ところに落ち着いてしまうきらいがある。 確かに、癖の強い歌いまわレといい、眼 鏡を強調した風貌といい、一筋縄でいか ないというか、生の部分を敢魂ていろん な手札で隠しながら、聴き手の度量を試 すようなところがないわけではない。し かも、最近は、その屈折感にも熟練の味 わいが加わってきたものだが、こうやっ て、歌と真っ向から勝負したときのこの 人の底力には凄まじいものがあって、そ れを痛感させられるアルバムでも ある。聴き終えるたびに、達者だ なあ、としみじみと溜め息を漏ら してしまう。

セルフ・カヴァー集といった側 面もあるらしく、実際、ジュー ン・ティーバーや工イミー・マン のように、他人に書いた作品、あ るいは自分の為に書いたものの、 いままでレコード化できなかった 作品で構成されているが、そのこ とでこのアルバムを位置づける必 要はないだろう。モダンなリズム をサラリと使った川Jトル・アト ムス“、サザン・ソウルの香りを 放つl’ホワイ・キャント・ア・マ ン・スタンド・アローンV.、賛 肉のない引き締まった口ソクの uコンプリケイティソド・シャドウズ,l、 ミュージカル,スタンダードの趣を持つ Hアイ・ウォント・トウ・ヴァニソシュ,, 等々、音楽的なヴァラエティを含めて、 各作品が生み出された背景に何処となく バラツキは感じられるが、それらを振じ 伏せるような、独特の情緒感が全体を覆 い包んでいる。

ぼくも悲観的に考え込むほうだけど、 1曲目のuジ・アザー・工ンド・オブ・ ザ・テレスコープ,Iからして、これはか

なわないなあ、と思うほど痛くて、辛く て、時には情けなく思えるほどの歌ばか りだ。それでいて、歌が情感に溺れてし まうどころか、聴き手の胸に炎を投げ掛 けるような激しさを秘めている。優れた 歌というのは、どんな形にせよ、アジテ ーションとンての要素を含んでいるもの だが、その点でこの12個の歌は見事であ るo 40男が現代を繊細に生きていくとす れば、男女関係を含めて多分に抱え込ま ざるを得ないであろう残酷さとか、徹慢 さとかが、歌とレて最良の形で紡ぎあげ られていて、こういう形で、現代を描き だしてくれるアルバムに出会ったのは、 90年代に入って初めてのことである。

演奏のほうも、気心の知れた仲問たち だけあって、実に丹念に練り上げられ、 彼の言葉のひとつでも聞き逃さないよう な配慮があるし、集中力にも凄まじいも のがある。そう言えば、アトラクション ズを率いての前回の来日公演で、ニー ル・ヤングとクレイジー・ホースのよう な関係をそこに見て意外な発見だったが、 このアルバムを聴いていて、改めて思う のは、ニール・ヤングにせよ、この人に せよ、時代との距離感みたいなものに卓 越した感覚があるんだろうなということ である。時代に寄り添うことなく、時代 を突き放すこともなく、誰かを抜くこと もなく、誰かに抜かれることもない。こ の距離感のとりかた、それが現代が表現 という場に求めているものかもレれない な、と思ったりもしている。

天辰保文


-

The Dig, August 1996


Hobun Amatatsu reviews All This Useless Beauty.

Images

1996-08-00 The Dig clipping 01.jpg
Clipping.

Photo by Paul Spencer.
1996-08-00 The Dig photo 01 ps.jpg


1996-08-00 The Dig cover.jpg
Cover.

-



Back to top

External links